So-net無料ブログ作成
検索選択

『黑心居酒屋』発売中! [小説のこと]

的確すぎて言葉もない。

拙作『居酒屋ぼったくり』を翻訳して海外で出版したい
というお話しをいただいたのはかれこれ一年以上前のことだ。
(実ははっきり覚えていない)
正直に言えば、あのこてこての日本、下町、しかも昭和風味の話を
海外に持っていって大丈夫なのだろうか? と疑問満載。
でも、せっかくのお話しだし、海外版の『居酒屋ぼったくり』が
どんな感じになるか見てみたいという気持ちもあって快諾。
コンセプト的な説明を受けたり、契約書を交わしたりで
あっという間に時が過ぎ、今に至る。

……で、先日、『表紙が出来ましたよ~』と連絡をいただき
どれどれ……と拝見して悶絶。

タイトル「黑心居酒屋」

もうね、おばさん踊り狂ってしまいましたよ。

「ぼったくり」なんて言葉、どうやって訳すんだろうと思っていたら

「黑心」

素晴らしすぎて、しばらく表紙に見入ってしまった。
挙げ句の果てに印刷してほれぼれと眺めた。

現在日本で発売されている『居酒屋ぼったくり』の表紙は素晴らしい出来だ。
作品の雰囲気をしっかり掴み、より魅力的な世界を描いてくださっている。
けれど、あれをそのまま海外(台湾)にもっていったとき
国民性とかそのほかの事情を鑑みたらやはりちょっと違和感があるだろう。
でも、この表紙はそんな違和感を払拭し
まさに『台湾』受けしそうな仕上がりとなっている。

中国語圏の方達が大好きな『赤』をベースに
でかでかと書き抜かれた『黑心』の文字。
さぞや書店で人目を引いてくれることだろう。
内容に関しては、私には全く解読できないけれど
まあ元が元だし、多少ずれたところで……と不問。
発売日は昨日7月28日となっていたけれど
店頭に並んだかどうかも確認しようもない。
もしもここをご覧の方の中に
夏休みに台湾に行く予定のある方がいらしたら
ちょこっと書店など覗いていただけるとありがたいなあ……
(まあ、十中八九、見つからないだろうけれど……)

いずれにしましても『居酒屋ぼったくり』台湾版『黑心居酒屋』
台湾にて発売中。
表紙はこんな感じです、とご報告する次第である。



IZAKAYA BOTTAKURI stand.jpg




人気ブログランキングへ

nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 11

NONNONオヤジ

おめでとうございます~(*^_^*)!
そういう時代だと思います。世界何か国語、何十か国語に翻訳されて、
さまざまな文化を紹介し合い、共有する時代だと……。
他の国からもオファーがあると良いですね~☆彡!

by NONNONオヤジ (2016-07-29 16:27) 

ゆうのすけ

=☆ 海外進出おめでとうございます!^^ ☆=
暑中お見舞い申し上げます!
ようやく梅雨明けしましたね!☆
私のブログにお越し下さる方で 今、台北に住んでいらっしゃるブロガーさん(ともちさん)がいらっしゃるので この本の事をお話してみようかなと思っております。^^

秋川さんも是非時間が出来たら 日帰りできますので 台北の書店偵察ツアー(あ~んど現地サイン会)を予定されてみては!^^☆
by ゆうのすけ (2016-07-29 23:41) 

ともち

始めまして_(._.)_
↑のように、ゆうのすけさんからご紹介いただきました。
書店に行った際、探してみたいと思います( *´艸`)
by ともち (2016-07-29 23:50) 

秋川滝美

NONNONオヤジさん

ありがとうございます。
他の国というか、韓国版も同時進行していて
そろそろお目見えかなーと……(でもよくわかりません)
とりあえずアジア文化圏ならなんとか、ってことかなーと
思ってます。
フランス語版ぼったくり、とか見てみたい気もしますが(爆)

ゆうのすけさん

ご紹介ありがとうございます。
台北って日帰りできるんですか……
そう言われれば、北海道から沖縄に飛ぶのと
似たり寄ったりのような気がしますね。
機会があれば訪れてみたいとずっと思っているものの
なかなか……(ため息)

ともちさん

初めまして!
ありがとうございます。
本当に、ついでの際でかまいませんし
十中八九、見つからないとは思いますが
日本語版とどれぐらい違うのかなーと気になっております。
万が一お見かけの際は、ちらっと捲ってみてくださいませ。
ご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。(深礼)

by 秋川滝美 (2016-07-30 09:18) 

ゆず

凄いですねー
とうとう、手の届かないところへ行ってしまったという感じです。
なろう様での活動がとても好きでした。
原点をどうかお忘れなく、今後の飛躍をお祈りしております。
by ゆず (2016-08-01 10:58) 

秋川滝美

ゆずさん

『なろう様での活動がとても好きでした』
この言葉に込められた意味はよくわかっております。
コメントありがとうございました。
猛暑の夏、ゆずさまも熱中症その他、体調管理を十分に
なさって、くれぐれもご自愛くださいませ。



by 秋川滝美 (2016-08-01 11:30) 

お名前(必須)

おめでとうございます。
倅がこの夏休みに旅行で台湾に行くらしい。
土産に買ってきてもらおう、でも読めないから翻訳してもらおう… あれ?
by お名前(必須) (2016-08-03 01:23) 

HCのS

 ↑
またやらかした…
by HCのS (2016-08-03 01:26) 

秋川滝美

HCのSさん

あ、息子さん、お出かけなんですね!
でも、おそらく見つけられないと思います……
(それにそもそも部数が少ない=価格が高いような……)
話のたねに、存在確認だけでもしていただけると幸いです。

by 秋川滝美 (2016-08-03 09:10) 

因幡の黒うさぎ

初めまして。1~5巻楽しく読ませて頂いている者です。

コミカライズに続いて海外進出、すごい!世界のぼったくり!
(あれ?褒めてないように聞こえてしまう・・・)

>あのこてこての日本、下町、しかも昭和風味の話を
>海外に持っていって大丈夫なのだろうか

台湾は人口2,300万人ながら、年間のべ400万人もの人が日本を訪れるぐらいなので
下町の風景になじみのある方も結構いるのではないかと想像します。
by 因幡の黒うさぎ (2016-08-03 22:33) 

秋川滝美

因幡の黒うさぎさん

世界のぼったくり……確かにすごいフレーズですね。
でも、いつもご愛読ありがとうございます。
台湾は親日国(国かどうかの議論はさておき)ではありますが
いかがなものでしょうか……
一節でも一文でも心に残るものがあれば、と思っております。

by 秋川滝美 (2016-08-04 08:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0