So-net無料ブログ作成
検索選択

絵の怖さ&刊行予告 [小説のこと]

絵は難しい。


9月から10月にかけて、秋川原作のcomicが二作刊行される。

   comics『いい加減な夜食2』 善内美景   アルファポリス
   comics『居酒屋ぼったくり1』  しわすだ   アルファポリス


私は基本的に、コミカライズ作品に関しては、それぞれの漫画家さんと漫画編集部さんに
丸投げで、どうぞ好きにお描きください、というスタンスを取っている。
漫画と小説は別物で、漫画に関しては漫画家さんの作品だ。
そもそも夜食にしてもぼったくりにしても漫画と小説では視点が違いすぎる。
漫画家さん達は私が思いもかけないエピソードを選んで
それはそれは面白くストーリーを作り上げてくださる。
正直『そこをそう切ったか! うぐぐぐーやられたー! きー! くやしい!!』などと
もんどり打ってばかりいるのだ。
こういう感情が沸くこと自体、自分の作品とは切り離している証拠だと思う。
あまつさえ、あまりの面白すぎて、意外すぎて、
もう最初からこの方々にオリジナルで描いてもらった方が良かったんじゃ……などと
壁を向いていじいじしまくっているのだ。

それでも原作者として名が載る以上、最終チェックを避けて通るわけにはいかない
……らしい。
やむなく、ネームやら組版やらを拝見して、ちまちまと重箱の隅つつきのような
コメントを差し上げるのだが、これも実際は、なんにもいわずにOK出してしまうと
「さては秋川、見てないな?」と思われかねないという姑息な考えによるもので
実際に『いや、そこはやっぱり……』なんて押し返されれば、
「あ、いいっすよ。言ってみただけっす」などとあっさり撤回する。
そんなこんなで刊行準備が進んでいくのであるが
今回はほんとうにコミカライズの怖さを思い知った。

とか書くと、「すわ、トラブル発生か!?」と興味津々になる方もいらっしゃるだろうが
すみません、そういうことではありませぬ。
実は、とある作品の中にワイングラスを持つシーンが出てくるのだが
このグラスの持ち方で文字と絵の違いを痛感させられたのである。

例えば、文字であれば『秋川はワングラスを持った』と書けば済むが
絵(漫画)の場合、『グラスの持ち方』自体を描かねばならない。
つまり秋川のふっとい指がグラスのどの部分にかけられ、どのように支えているか……
それを、きっちりはっきり描き出さねばならないのだ。

これは怖い……てか、大変。

一切のごまかしが利かない。

今回刊行される作品の中にもワイングラスを持つシーンが出てくる。
ネームチェックのときも、組版も、webにUPされたときすらも
うん、OK、とすんなり通したシーンだった。
それどころか、ワインに体温を伝えないように柄を持つ描写に
「すごいな、ちゃんと描いてくださってる」なんて感嘆していたのだ。
ところが、他の原稿を書くために調べ物をしているときに
そのグラスの持ち方が実は日本独自のものだと知ってしまった。
海外ではワイングラスの柄を持つことはなく
名だたるセレブ達はみんなしてグラス本体(ボトル)部分を持っている。
(いわゆるマフィアのブランデーグラス持ちですな)
そして、それこそが『正当な』ワイングラスの持ち方で
柄を持ってカンパーイなんてやるのは日本人ぐらいなものだというのだ。

いやーびっくりした。
井の中の蛙、井戸水で溺死、である。

速攻で漫画の編集担当さんに電話をして
「ど、ど、ど、どー-します?」と訴えた。
日本式と海外方式(正当派)どっちにするか
しばらく討論(実際は、ふたりして驚きまくっただけ)し
元のまま、日本式で行くことにした。
どっちを描いてもご指摘を受けかねない。
日本式で描けば、正当派を御存知の方は違和感を覚えるだろうし
正当派で描けば、日本式しか御存知ない方は首を傾げるはずだ。
それならば、ここは日本なんだし日本式でいいじゃないか……
と開き直ったわけである。
(微妙に数の原理なんて言葉がちらついた)

そんなやりとりをしながら
私はずっと「漫画怖い、漫画怖い、絵って怖い~!!」と
思い続けていた。
文章ならいくらでもごまかせる。
でも、絵はそうはいかない。
これではイラストレーターさんを始め、絵を描く方々から
いろんな問い合わせが来るのは当然である。
適当にーですませていい問題ではなかった……
これまで秋川関連の絵を描いてくださった全てのイラストレーターさん
漫画家さん、本当にごめんなさい。
以後、もっと真剣に考えてお答えいたします!

ということで、今後とも秋川は絵画分野への進出を目指すことなく
ほそぼそと曖昧な文章を書き続けることを決意する次第である。



**************************


【刊行予告】

 誠に申し訳ありませんが、三ヶ月連続刊行となります。

   
   9月30日  『居酒屋ぼったくり6』       アルファポリス
   10月30日  『放課後の厨房男子 進路編』   幻冬舎
   11月下旬  タイトル未定(初校終了済)     S

【年内脱稿予定】

   9 月末(希望的観測) 居酒屋話 A社
   12月末(熱望的観測) 百貨店話 K社

【鬼が笑う話】

   AGKBK……のうちの四つ、できれば三つぐらい……で勘弁していただきたい(涙)


*******************************

 以上、秋川の現状、及びブログがまともに更新されない訳(=キャパオーバー)でした!

 とっぴんぱらりのぷう。





人気ブログランキングへ
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 5

FSX

っ∩へぇ~へぇ~へぇ~(古)
パラパラと見てみたら「ソムリエは柄を持ってる」んですね。んで、これは「テイスティング」でワインの澱を見るためだとか。
雑学は勉強になりますね。新刊でも期待してます。
さて…本とマンガが溢れてきました。置き場どうしよう…(^_^;)
by FSX (2016-09-14 19:42) 

NONNONオヤジ

ワイングラスの持ち方、全く意識したことがありませんでしたねぇ……。
フランスでも、他人のグラスの持ち方など気に留めたことがなかったし。
まあ、学生の身分でしたので、ワイングラス片手にディナーを楽しむような
店には行けてないからですけどね……(>_<)。
人生、いろいろなところで勉強になりますね~。
by NONNONオヤジ (2016-09-15 11:24) 

ゆうのすけ

ようやく密林の予約が始まったので 
居酒屋ぼったくり6を 予約させていただきました。^^☆
by ゆうのすけ (2016-09-25 00:07) 

FSX

居酒屋ぼったくり6巻、一気読了させていただきました。「自称」ほげほげには思わず笑いがf(^_^;
って、もうこんな時刻かΣ( ̄▽ ̄;)
早く寝て明日の仕事に供えねば~
by FSX (2016-09-29 01:43) 

秋川滝美

FSXさん

ソムリエさんとは違うと思うんですよ。
まあこれは普通に飲むときの話。
でもって私は、知らないことが多いので
新しい知識を得るとひけらかしたくて仕方ないんですよ。
まったくどうしようもないですねえ。

それから、居酒屋ぼったくり6 お買い上げ並びに読了報告
ありがとうございました。
『自称』は私自身も気に入っております。ヘタレ上等!

NONNONオヤジさん

海外に行くとワインを飲むことはごく当たり前で
風景の一部なんでしょうね。
私も意識したことなどありませんでしたが
改めて言われてびっくり。
ほんと、人生は勉強の連続です。

ゆうのすけさん

ありがとうございます。
お手元には無事届きましたでしょうか。
お楽しみいただけると幸いです。

by 秋川滝美 (2016-10-01 09:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0