So-net無料ブログ作成
検索選択

危険な進路 [日常]

娘の受験の話じゃない。

すっとこ娘は相変わらず我が道を行きまくっている。
親の顔色を見まくっていた息子とは対照的に
この娘は顔色を見るのは他人限定。
外に出る度にいろんなことに疲れ果ててへとへとで
家族に配慮する余裕なんて皆無。
親の言葉に含まれる心配のあれこれも彼女にとっては
ただひたすらに耳障りで「うざったい」ばかりらしい。
だから百万言を浴びせてみても伝わるものがひとつあればいいほう。
言っても言わなくても同じならば言うだけ無駄。
彼女は自分で考えて、自分で道を決めていく。
そうしない限り一歩たりとも進めない。
そこの親が介入する余地はない。
娘の進路決定に関する親のスタンスは「傍観」
彼女が膨大に費やすであろう学費をひねり出すことだけが
親の責務となった。
がんばれ夫、である。(をい!)

とにもかくにも来年度は娘は受験。
現実と志望校のかけ離れ具合からして
どこにも出かけられない1年となることだろう。
かくなる上は、今年のうちに帰省して
すっかりご無沙汰している義父の顔を見て
仏壇にも手を合わせてこなければ……(すでに神頼み/苦笑)
ただし、夫は相も変わらずハードスケジュール
渋滞に巻き込まれている時間はもったいない。
かくして年末に帰省して年明けまでに帰宅という
大掃除はどうするんだ!?計画決定。
しかも……夫が当地に戻る時間はないので
私と息子で車をころがし、途中で夫をピックアップ……(汗)

えーっと……私、運転歴は長いし無事故無違反のゴールドですが
高速道路はまともに運転したことないんですよ?
しかも方向音痴なんですよ?
あの首都高のややこしい接続をまともに乗り越えられるとお思い???

てなことを考えた私は首都高回避の海周りを提案。
(つまり『うみほたる』経由ね)
ところがどっこい、息子が拒否した。
「『うみほたる』は高い。それに首都高なら道わかってる」
ちょっと待て、おまえはまだ免許取って1年、やっと若葉マークが取れたばかり
首都高だって一回ぐらいしか走ってないくせに……
と思った途端、かつての息子の姿が目に浮かんだ。

小学校のころからテレビの前に陣取って
プレステをぎゅいぎゅい言わせながら
ハンドルを切っていた我が息子
あのゲームのタイトルは確か「首都高バトル……」

っておおおおおーーーーい!
それは「道を知ってる」にははいらーーーーーん!
仮想と現実を混ぜるなとあれほどーーーーー!

ぜいはあいってる私をよそに息子は涼しい顔。
大丈夫、ナビもあるし……てなもんである。
なんというお気楽ぶり、さすが私の息子である。(え?)

ということで海ほたるルートはあえなく却下
師走のどんづまり、我々は首都高バトルに挑むことと相成った。
無事に夫の任地につけるかどうかは大いに謎
延々と首都高を回り続けることになってもいいから
事故だけは起こさないようにしようと心に誓う次第である。(涙)


*********************************

【刊行お知らせ】


 いい加減な夜食1 comics版 無事発送となりました。
 原作よりも遥かに面白いですのでお見かけの際はどうぞよろしくお願い致します!


1106612507_main_l.jpg



*********************************





人気ブログランキングへ






今年の仕事・来年の仕事 [小説のこと]

忙しい一年だった。

私はこの台詞を何年言い続けているのだろう。
そんなことを思ってしまうほど毎年忙しいのであるが
今年はそれに拍車がかかっていたように思う。
もうこんな忙しい年はないだろうから
己の記録のためにもここに記しておこうと思う。

 2015年刊行書籍

 2月 いい加減な夜食 文庫1
 3月 居酒屋ぼったくり3
     いい加減な夜食 文庫2
 4月 いい加減な夜食 文庫3
 6月 いい加減な夜食外伝
 7月 放課後の厨房男子
     いい加減な夜食 文庫外伝
 9月 居酒屋ぼったくり4
 11月 幸腹な百貨店
     ありふれたチョコレート 文庫1 
 
 とまあ,こんな感じ。
 正確にはこのうちのいくつかは昨年のうちに脱稿しているので、
今年の仕事にカウントしていいのかどうかは微妙と言えば微妙。
だが、今年書いてまだ刊行していない原稿もあるのだから、厳密な分類は不可能、
ということで刊行時期をもって今年の仕事とした。
 (これ以外にも、今月18日に発売となる『comics版いい加減な夜食』があるのだが
 comics版は漫画家さん、つまり善内美景さんの作品なのでここではカウントしないことにする)

 正直、よく生きてなた秋川! という感じ。
 老体に鞭打って出来ることはこれが限度、と各版元の方々に声を大にして
お伝えしたい次第である。
 そうです、秋川、一年に書き下ろしは四作が限度です!

 来年の予定は以下のとおり。
 但し刊行時期は未定、各版元さん次第であるし、書いてもものにならず出てこない可能性も大。
 そしたら改稿校正はいらん!(爆←笑いごっちゃない!)

 でもって、以下 2016年 秋川が悩まされる予定のものたち

   居酒屋ぼったくり5、 6
   いい加減な夜食4
   放課後の厨房男子続編
   幸腹な百貨店続編
   某社書き下ろし
  
 
 えーっと……ね、秋川、算数大丈夫? これ6タイトルあるよね???
 おまけに来年、娘、受験じゃ……
 だ、大丈夫! このうちふたつは脱稿してる! 
 だから来年書くのは4作だけ(!?)だ! 娘の受験は娘の責任だ!
 がんばれ~、まけるな~、力の限~り~い!!
 (はい、私。ウッチャンナンチャンの大ファンです。ウッチャン演じる小須田課長に惚れてました)

 ということで、今年が最大の繁忙年であったかどうかは甚だ怪しく
来年も激務が予想される秋川。
 今年はもう仕事しねーーーよっ! でござる!(笑/たぶん、嘘)



人気ブログランキングへ
 

風邪引き秋川 [日常]

とりあえず二日ほど唸っていた。

少々の熱と中ぐらいの関節痛と大層な咳。
すまん、娘! 何とか生き延びてくれ~と言い放ち
ベッドの中でげほごほやりながら考えた。
風邪を引いた人に会った覚えもないし
人混みにでた記憶もないし
いったい何でこうなった??
まあ、おそらく娘が学校から運んできたのだろう
本人をスルーして弱っている中年に取り付くあたり
風邪という奴はなかなか頭が良いのう……
なんて変な称賛をしてみたりもする
要するに体力を落としている奴が悪いのである。

増え続ける体重にこれはさすがにまずい一念発起
運動ペースを物書きになる前に戻した。
(とはいっても一日一万歩の歩行なのだが)
スマホに出てくる達成記録の更新が嬉しくて
氷雨が降るような夜でも傘を差してまでどかどか歩いてた。
そう……次々やって来る〆切を乗り越えながら。
このまま行ったら健康のためなら死んでもいい!とか言い出すぞ……
と自分自身のクレイジーさに気がついたときは既に遅し。
体中に重い疲れを感じていた。

でもってとどめは先週の週末。
九年越しのミニバンに見切りをつけて
なけなしの財布を叩いて買った車が納車。
ランニングコストという言葉に何よりも弱い我々は
初期導入費用に目をつぶりまくってハイブリッド車購入
一時的に出て行くお金よりも日々のガソリン代に固執して
(エコとかいう概念は希薄)
結果的には銭失いという将来絵図がそこに見える。
だがまあそれも納得ずくなのでよしとしょう。
何より夫の生家まで給油なしに行ける燃費はありがたい。
問題は、その操作方法があまりにも今までと違ったこと。
車のエンジンをかけるのにキーを回さないなんてあり得ない!
てか、エンジンがかかってるかどうかわからん!?
バックするときにヤンキーまがいのドア開けをやる私に
『ドアが開きましたPモードに切り替えてください」とか……orz
ただでさえ霜月末とは思えぬ温暖陽気の中
そんなことをやっていたおかげで冷や汗だらだら、心身共に変な冷え方……
そりゃあ風邪もしめしめ……とばかりにやってきますわ。

かくして風邪の餌食となった私は
咳止めと血圧降下剤の相性に不安を覚えながらも
薬を飲み倒し、ぜいはあ言い続ける気管支に
「静まれ~!」とばかりに湿布を貼って布団をかぶった。
ちなみにこの気管支に湿布という奴
ネットで読んで、まさかなーと半信半疑ながらもやってみたら
思いの外よく効いてびっくり。
(胸の中央、みぞおちの上あたりに冷湿布を縦にぴたり、である)
いつもならしつこく残る息苦しさがみるみるうちに収まっていった。
気管支の炎症に外科的処置が効くとは思わなかったが
しつこい咳に悩まされていらっしゃる方は騙されたと思って
一度試してみて欲しい。

ということで何とか咳もそこそこ治まった腐れ物書き。
闘病中にどかどか届いた校正紙を前に途方に暮れる次第。
今年中にやらなければならない仕事はあといくつ?


【刊行予告】

 いい加減な夜食1comics版 12月18日出荷 
   作画を担当してくださったのは善内美景さん
   原作より遥かに面白いですので是非お読みくださいませ!
   なお、善内さんには『いまさらノストラダムス』『わるいこと』という作品があり
   こちらもおすすめ。特に『いまさらノストラダムス』は私の大のお気に入り
   「夜食よりそっちを書いてー」とか言って編集担当さんに呆れられましたとさ(笑)
   
 


人気ブログランキングへ