So-net無料ブログ作成
検索選択

『居酒屋ぼったくり』コミカライズのお知らせ [小説のこと]

めでたい春。

おかげさまで『居酒屋ぼったくり5』は無事発送
通販サイトから『発売延期』などという
とんでもないメールが出たという話も小耳に挟みましたが
少なくとも版元からは本日発送され
一部書店さんでは既に店頭にも並んでおります。
もしも発送の遅れなどがあるとしたら
おそらくそれは通販サイトさんの問題だと思われます。

先日もこちらの記事でお詫びを申し上げたけれど
5巻についてはちょっとお酒の紹介が少ない。
それは例のふたりが店をほったらかして
よそに呑みに行ってしまったせいもあるし
他にもちょっとしたアクシデントもあった。
さぞやたくさんお叱りの声をいただくだろうなあ……
と覚悟はしている。
お酒の紹介を楽しみに拙作をお読みいただいている皆様
本当に申し訳ありません。
次巻はお酒の紹介もたっぷり入れる予定ですので
なんとか秋川闇討ちはご勘弁くださいませ。

でもって、ここでひとつお知らせを……

『居酒屋ぼったくり』コミカライズ決定致しましたーーー!!
漫画を描いてくださるのは、イラストでお世話になっております
しわすださん。
もうページ全体から料理の匂いが立ち上ってきそうな程
美味しそうな描写の連続……
実は私はすでに第一話のネームや原稿を拝見しているのですが
とにかく『早く皆様の元へ!!』とじたばたしてしまうほどの力作。
自信を持って「乞うご期待!」と書ききってしまえる出来です・
アルファポリス社サイトでも三月連載開始と告知されましたので
近々お読みいただけると思います。
どうかお楽しみに!

ちなみに五巻の表紙はこんな感じ。
さてこのふたりは誰でしょう?
ヒントは……仲良しさん、です。

ぼったくり5.jpg



人気ブログランキングへ

『いい加減な夜食4』刊行予告 [小説のこと]

大変お待たせ致しました……

いい加減な夜食外伝を上梓したあと
「いい加減な夜食4を書きます」と言ったのは
いったいいつのことだっただろう。
その時点では確かに書く気はあったし
書けるはずだと思っていた。
けれど例の居酒屋話が刊行されて
それが本人の意図を大きく超えて話題になり
予想外の仕事がたくさん増えてしまった。
おかげで複数の版元さんとお付き合いを願うことができ
物書きとしても少しだけ成長できた……
かもしれない、と自分では思っている。

だがその反面、皆様にお約束していた
夜食4は後ろへ後ろへ追いやられ
これはもう書けないかもしれない……と思った日もあった。
けれど既刊を文庫化していただけたおかげで
そろそろ夜食の続きを……と言っていただけた。
それからぱたぱたとプロットを練り
超多忙となっているイラストレーター様の予定を押さえ……
本日めでたく刊行予告という運びになったのである。

夜食3が刊行されたあと、熱いコールをくださった皆様
ほんとうにお待たせ致しました。
例のバカップルは一児(?)の父母となってもあのまんま
周りを振り回して大騒ぎを繰り広げております。
そこに新なメンバーも加わって
緊急対策班長はてんやわんや
それを見守る使用人頭の感情抑止型笑顔に
なにやら含みが……

という感じのお話となっております。
あ、面白そう……と思われた方は
どうぞよろしくお願い致します。


******************************

『いい加減な夜食4』 アルファポリス 3月30日  発送予定 1200円(税別)

******************************




人気ブログランキングへ


憂鬱な親知らず [日常]

弱り目に祟り目。

娘が歯科矯正に通っている関係で
月に一度は歯医者に行く。
そこは一家でお世話になっている歯医者なので
当然歯科衛生士も顔見知り。
この歯科衛生士さんが極めて仕事熱心で
私の顔を見る度に「歯のお掃除しましょうよ」とおっしゃる
半年に一度ぐらいは歯石除去をやったほうがいい
そんなことは百も承知なのだが
どうにもあれは痛いのだ。
どうかすると適宜麻酔を使用する虫歯治療よりも痛い。
その上、私には大変やましい過去がある。

そう……ちょうど昨年今頃、歯の詰め物がとれて歯医者に行った。
その治療がおわったと思った瞬間、親知らずの隣の歯に大きな穴が見つかった。
でもそのときの私は例によって〆切に次ぐ〆切で身動きならず
痛みも感じていない虫歯に割く時間がなかった。
「夏、夏までには何とか!」
とじりじりあとずさりで歯医者を辞した
夏が来ても秋が来ても時間なんて……というか
歯医者に通う気力がなかった私の虫歯は年が明けてもそのまま……

かくして、歯科衛生士に捕獲された私は、泣く泣く虫歯治療
そして歯石除去……ついでに一番言われたくないお説教。

「秋川さん、この親知らず、そろそろ抜いたほうがいいですよ
いくら虫歯を治してもこの親知らずがある限り、虫歯のリスクは……」

うきゃー!
わかってます、わかってます、ものすごくわかってます!
でもあなたおっしゃったじゃないですか

「この親知らずは普通の歯医者では抜けません。
口腔外科のある病院に行ってください」

でもって、虫歯を治してくれた歯科医師もしたり顔で言う。

「あーこれ、まず歯茎を切開して、ふたつに割って……」

聞きとうなーーーい!
隣の大穴の虫歯は治した。今、親知らずは痛くもなんともない。
この上、口腔外科で手術まがいの治療を受けて
腫れが引くのに10日前後、傷が治るのに一ヶ月
全治半年ーーなんてやってられない。
私は今までに3本の親知らずを抜いた。
彼の痛みの中で、呑気な居酒屋話とかかけるわけがない。
というか、どんなものも書けない。
現状ではとてもじゃないが無理。

ということで、私はまたずりずりと後ずさりで歯医者から撤退。
この親知らずを抜く日は来るのだろうか……
てか、そもそもこれ、抜かなきゃならないものだろうか……
夫は上下逆転して生えている親知らずを抱えて
毎日つつがなく暮らしているのだけれど……



人気ブログランキングへ

レベル上げ過程 [日常]

たぶん何かの修業。

夫曰く。
俺たちの人生はそこそこ順調だった。
このままいったら世の中舐めまくるし
痛みを知らぬ、傲慢な人間になってしまうだろう。
だからこれは俺たちの修業
避けては通れないレベル上げの過程

そうとでも思わないとやってられない。
そんなことが家の中で起こっている。
もしかしたら夫の言うとおりなのかもしれない
でも……私、あなたに会うまではけっこうあれこれあって
それなりにレベル上げしてきたつもりだったんだどなあ
それでもまだまだってことっすか……

たはは……と頭を掻くしかない私。
夫婦とも今は我慢のときだとわかっている。
今、言うべきこと、決して言ってはいけないこと
頭の中に知識としてはある。
だから教科書どおりに言葉を連ねる。
上滑りするのを承知の上で……

辛い、苦しい、悲しい、出口が見えない。
でも私たちよりももっと辛い人がいる。
そう思ってただ時を待っている。
暦の上ではもう春だというのに
本当の春はまだまだ遠い。