So-net無料ブログ作成
検索選択

刊行予告&ご報告 [小説のこと]

出していただける幸せ。

昨年末に大騒ぎをして校正を終えた原稿。
その後、順調に進み、刊行に漕ぎ着けました。

***************************************

居酒屋ぼったくり7』 アルファポリス 2月28日発送 → 27日でした!
『いい加減な夜食4 文庫』  〃    3月16日発送


 居酒屋話は依然としてじたばたの展開、夜食文庫には書き下ろし小話が入ります。
 店頭でお見かけの際は、よろしくお願いいたします。


***************************************

まずは目出度き春。

でもってご報告。
我が家の受験戦争はあっけなく収束いたしました。
なんというか、あれだ。
目的がはっきりしている奴の受験は決着が早い。
そうとしか言いようがない展開だった。

とにかくこれが学べればどこでもいい、というわけではないが
学問、特に文系なんてやる気次第でどうにでもなるし
これまで学業にかけた努力の量を考えたら高望みの余地すらない。
親の助言に従って、望む学部がある大学をリストアップ
しかるのちにどんな教授がどんな研究をしているかを調べ上げ
行きたい学校を絞り込んだ。
そこには偏差値やランクという概念はほとんどなかった。
偏差値が高かろうが低かろうが関係ない。
(そもそもうちの子、自分の偏差値がわかってない)
縁がなければ落ちるし、あれば通る、そんな感じだった。

かくして臨んだ入学試験、受けた学校は三校。
いや正確には二校だな……
(一校は割り振られた受験地があまりに遠くて
翌日の本命校に支障を来しそうでパスした)
上の子の中学から始まって以来初めて『補欠』という文字を見たあと
本命大学本命学部を見事にゲット。
センター試験含めて我が子の受験は都合4日で終了となった。
一方、世間様では入学試験はまだまだ続いている。
行くとこはあるんだし、どうせなら他の学校も受けてみる? 
という下らなすぎる親の言葉など端から無視で
我が子はさっさと参考書の類いを片付けてしまった。

まったくねーここまでぶれないといっそ清々しいわ!
なんて苦笑しながら、書類を揃え、入学金その他も払い込み。
延納手続きなんてとんでもない! の熱望入学。
めでたく我が子は春から大学生になることになった。
やれやれ……と安心したところに速達到着。

「○○大学 後期入学試験受験票」

おう……
確かに、まさか前期で受かるとは思わなかったから出願しましたが
お宅はすでに我が子に入学許可をくださったでしょう?
お金だって耳を揃えて払ったじゃないですか。
それとも……もしかしてあれは巨大などっきり???

なんてびくびくしながら過ごしている。
受験料を返せなんて野暮なことは言いませんが
「なーんちゃって」だけは勘弁してね!

ということで、心配してくださった皆様
誠にありがとうございました。
現在も受験続行中の皆様には、第一志望ゲットの合格菌を
お届けいたします。
ただし、この合格菌、難関校には効きそうにありませんので
ご自分でパワーアップさせてくださいませ。(深礼)



人気ブログランキングへ