So-net無料ブログ作成
検索選択

復帰宣言&刊行予告 [日常]

いかんなあ……

一月から始まった入試騒動のせいで
見事なほどに執筆が滞っている。
幸い、この展開を見越して余裕のあるスケジュールを組んでいたので
うおおーー! 一日三万字書かなければ〆切に間に合わん!!
なんてことにはなっていない。
それどころか、本来夏に書こうとしていた原稿を前倒しできるぐらい
のんびりゆったりスケジュールになっている。

にもかかわらず、この不安というか焦燥感はなんだろう。
二月末に居酒屋話の次巻原稿をUPしてからおよそ一ヶ月
校正、改稿作業は入ってきているものの、執筆自体をしていない。
新しい物語を一行も紡がずに一ヶ月が過ぎたなんてデビュー以来初めてのことだ。
脳内で蹲る登場人物たちを「とっとと動け!」と蹴飛ばすこともなく
本筋から遠く離れて駆けていく奴らを無理やり呼び戻すこともなく
あまつさえ、家事に勤しむこともなく……
正直、そんな生活はとても楽だ。
いつもならあまりにも遠くてパス、ですませる彼岸の墓参りとかにも
ほいほい出かけていける。
でも、そんな生活が一ヶ月近くなると
このまま書けなくなるのでは……と怯え始める。
つくづく小心者だと呆れ果てるが、物体の運動を維持するエネルギーよりも
止まっている物体を動かすエネルギーのほうが大きそうだ。
(物理は赤点なので定かじゃない)
そろそろちゃんと書かねば……と思った矢先に
通販サイトから流れてくる予約情報……

うわ! これもう予約開始してるんだ!!

いかんいかんいかん、ストックがなくなる! 書かねば!!!

ということで、秋川、四月一日(微妙に甘いな)より物書き復帰。
怠け癖は成層圏の彼方にぶん投げ、毎日きっちり執筆することを誓います!

ちなみに予約が開始されているのは百貨店話、
どちらさまもよろしくお願いいたします。



**************************************

刊行予告

  『幸腹な百貨店 デパ地下おにぎり騒動』(講談社) 5月11日刊行


   バブル世代のおっさんデパートマンが、地下に人気おにぎり店を誘致せんと
   頑張る話です。
   お? と思われた方は、ぜひぜひ各通販サイトをチェックしてやってくださいませ!


**************************************
    


人気ブログランキング


遊びと仕事と [日常]

うまくバランスが取れればいいのにね。

下の子の受験は上出来に終わったけれど
それ以外がすべて上手くいっているかと言えばそうでもない。
ま、世の中色々ありますなーと苦笑いしながら
とりあえず命の洗濯と、旅に出た。

とはいってもいつかのような気ままなひとり旅ではなく
もうひとり腰(あるいは脛?)にくっつけての道中。
しかもあきらめ悪く、パソコンを抱えての大移動。
我ながら、いずれは椎名誠先生になれるのではないか?(スタイルだけね!)
と思うぐらい、あっちこっちで仕事をしていた。
楽しみきれない自分を哀れみつつ、それでも仕事が片付いて
よかったと思っているのだから処置なし。

にしても、変な移動だった……
当地→北陸東海→近畿→当地。
しかも北陸から東海へのルートは高山線経由で
雪深き飛騨高山を呆然と眺めながら通過。
いっそ白川郷にも足を伸ばせばよかった……。
(いや、行きませんけどね、寒いし)

半分は取材旅行だったので当初は北陸と東海で
とどめるつもりだった。
でも、とっとと受験を終わらせた下の子が無類の京都好きで
「京都、京都、京都ーーーーー!」と大騒ぎ
やむなく一泊延ばして京都にも立ち寄った、という次第。
おかげさまで、四泊五日の大旅行となってしまった。

ますのすしを爆買いし、かまぼこと日本酒をむんずと掴み
朝食ビュッフェは和、洋二回り。
京都ラーメンもおばんざいもぬかりなくいただき
毎日毎日、パフェ、パフェ、ケーキ、わらび餅にパフェ、の繰り返し
お土産はお菓子に漬け物、佃煮、酒、酒、酒……
ものの見事に体重増。
結局、ストレスがあってもなくても秋川は太るのだと実感した。

でもまあ、旅は楽しかったし、途中で夫にも会えたし
雨にも雪にも降り込められなかった。
問題は、母+18歳ということで、時節柄受験生親子と看做されたらしく
どこのホテル(&店)でも『お飲み物は?』と訊ねられなかったこと。
実際、どこもかしこも受験生親子だったから仕方ないけど
やっぱりちょっと、いや、かなり残念だった。
だったら、自分で注文しろよ! と思うけれど、保護責任のある子ども
連れていることに間違いはない、周りに受験生にも配慮と断念。
お酒はお土産で楽しむことと相成った。

というわけで、珍道中終了。
子どもとふたりで旅をするのもこれが最後かなーなんて
ちょっとしんみりしている。
とはいえ、我が子はふたりとも放置上等の大学生。
かくなる上は、ひとりであっちこっち行きまくってやろう
お酒も一杯飲んでやるーーー! なんて拳を握って吠えていたら
某社編集担当様からメール。

『そろそろ次巻打ち合わせを……』

う……?

某居酒屋話の次巻原稿は上げた、おっさん奮闘記の校正も戻した。
しかも校正は、たった今通りすがりの宅配便に渡したところ
そのタイミングでこのメール……さすがは幻術使い(←大間違い)
ははは……まあ、遊んでばっかりは許されないってことね
せっかく不良母ちゃんまっしぐら! と思ったのに無念無念。

などと乾いた笑いを上げつつ、パソコンを開く。
さて……男子校の腹減り君たち、今度は何をしでかすやら……