So-net無料ブログ作成

この体型には理由がある [日常]

なんのこっちゃ……

物書きというのは人に誇れるようなものではなく
一個人としても人に誇れる長所は皆無、あるとしたら
根拠不明の自惚れぐらいだ。
親族家族に迷惑もかかるしので
極力露出しないように心がけている。
というか、そんな暇があったら一行でも書くし
遊ぶなり、休むなりしたい(こっちが主)
なんとかして再来年までスケジュールが埋まっている状況から
脱しないと、人生の楽しみというものと無縁の生活になるし
それではろくなものが書けない。
(そうでなくてもろくなものは書いていないが、そこにつっこまれると
ただちにパソコンをぶっ壊してふて寝しそうなのでご勘弁)

そんなこんなで私を『秋川滝美』と認識して話す人間は
世間にそんなにたくさんはいない。
家族とごくごく一部の友人・知人と出版関係者に限られる。
(ちなみにこれはリアルの話、webを通してならもう少しいらっしゃる)
そしてそんな方々から一番よく受けるのが次の質問だ。

『これ全部、本当に呑んで(食べて)るんですか?』

えーっと……
あなた様は秋川滝美を過剰評価していらっしゃいませんか?
私が、呑みもしない食べもしないものについて
想像のみで書けるほど優れた想像力や描写力を持っているとでも?
そして、この体温が高そうな(実は低い)ぬいぐるみを思わせるような
フレンドリーな体型が霞を食って生じたとでも?

だとしたら、ご期待に添えず申し訳ありません。

不肖、秋川滝美、作品に登場させた酒や料理はすべて飲食しております。
他の方よりもずっとデビューが遅かった上に
中学生のころより家事要員だったおかげで
いわゆる「うちのご飯」を作ってきた時間は長い。
成人してから親になるまでの時間もそれなりにあったので
酒についてもずいぶん呑んできた。
その蓄積を元に、興味が持てそうな酒や料理を探し出すことはある。
だがそれをそのまま筆にのせるなんて業は私には使えない。
酒屋に走り、通販で注文し、かならず一度は我が舌で味わった上で
これなら……とならない限り、文字にすることはないのだ。

毎日毎晩呑んだくれているわけにもいかず、
試さなければならない酒は次々でてくる。
料理ならば、一度作って食べればOKだし、家族だって食べてくれる。
でも酒、特に日本酒はたいてい四合が最低量。
一合二合試し飲みして、そのままに冷蔵庫に突っ込まれたままの酒瓶が
いったい何本あることだろう。
業務用の冷蔵庫を含め、我が家には冷蔵庫が三台あるが
そこから酒が消えれば、どれほどすっきりすることか。
それでもなお、新しい話を書くために新しい酒を注文する。
美味しいかどうかわからない料理を作り続ける。
しかも試飲が先行して、好きなお酒に出会ってもリピートできない。
そんな生活が五年ぐらい続いているのである。

おかげさまで、もともとフレンドリーだった私の体型はさらに膨張。
せっせとプールで水中移動を繰り返しても
腹囲は某名前も書けないレジャーランドに生息する
黄色い熊さんとタメをはれるほどのサイズなのだ。
空気を吸っても太るなんて嘘ですからね!
人間は食べたから太るんです!
と自分にいいきかせても、『でもこれ仕事だから』と言い返す秋川滝美。
まったくね、どうしようもない。

というわけで、よくある質問への答え。

全部呑んで、全部食ってこそこの体型です。
食材の分量が詳細に書けず、ときおりとんでもない間違いをしでかすのは
真性すっとこどっこいだからです。
加えて料理を作る基本が『目分量』でまともに計量機器を使ってないせいでもあります。
(ついでにお酒については、蔵元さんが目指すイメージとコンセプトを
守ろうと努めた結果です)
もちろん、基本的に秋川が味覚音痴である可能性も否めませんが
資料だけを頼りに書けるほどすごい筆はありません。

以上、デブの言い訳。
そろそろ、自分の楽しみとしての食を取り戻したいなあ……



人気ブログランキング