So-net無料ブログ作成
家電製品そのほか ブログトップ

日本酒用冷蔵庫購入(レマコム冷凍庫  RRS-100NF) [家電製品そのほか]

どうにもこうにも・・・・

我が家の居住人数は現在三名である。
けっこう頻繁に夫が現れるにしても
ウイークデーにすんでいるのは三名。
それなのに我が家には二台の冷蔵庫がある。

台所にある大型冷蔵庫(450リッタークラス)と
夫の部屋に置いていた飲み物専用の小型冷蔵庫(130リッタークラス)
この二台があれば十分ではないか。
夫が仕事をしている間に水だとかお茶だとか
炭酸飲料だとかを下まで取りに行くのが面倒、というのと
そもそも下の冷蔵庫は食料で一杯で
飲み物を冷やす空間がない、という理由から
この家に引っ越すと同時に二台目のみに冷蔵庫を購入した。
おかげで日本酒などもここにいれられて大変重宝だった。

ところが、ここにきて問題発生。

この二台目の冷蔵庫が思いっきり満杯になってしまったのだ。
理由は、腐れ物書きがどんどん酒を買い込むから。
なにやらこの悪党は、買い込んで味見をしてふむふむそうそう・・・
とにやりと笑ったあと、何やらぱたぱたパソコンを叩き始めて
そのあとまた冷蔵庫に戻したりするのだ。
(あ・・・それでも一合や二合はきこしめしますが/笑)

でもって、その口を切った瓶をどうするのか・・・というと
どうもしない。
相棒がいるときにテーブル一杯に料理を並べて
酒盛りの二つ三つ始めることはあっても
それまではずーっと冷蔵庫に入っているのである。
そもそも味見自体、一人の時はやらない。
しーかーもー!
なんのネタだかしらねども、新しい酒がどんどん入ってくる。

つまり需要と供給のバランスが著しく傾いているのだ。
その上、今まで絶対に家になかった一升瓶まで交じっている。
普通の家の冷蔵庫に一升瓶が楽々入るはずがない。
たとえ450リッタークラスの冷蔵庫といえども
他にいれなければならない物がたくさんあるからその大きさなのだ。
現に今だって、酒に押されて子どもたちが吞みたい非アルコール飲料は
ほとんど外に放りだされて吞むときに氷を入れて冷やしているぐらいなのだ。

もしもこの悪党物書きが夫であれば私は猛抗議で一大バトルが勃発したことだろう。
けれど幸か不幸か、悪党=主婦=私(笑)の状況なので
バトルは起こらず、ただただ頭を悩ますばかり・・・
そして家にある一升瓶が三本を超えたところであきらめた。
この先、まだまだ酒は増える。(多分・・)
子どもたちの『俺たちだって冷たいもの飲みたい』コールは日々増大。
頂き物の海苔だって本当は冷蔵庫に入れておきたい・・・

よし、酒を減らそう!

じゃなくて・・・冷蔵庫を増やそう!(ちょ……おい!!)

酒用、しかも一升瓶が立てて入れられる冷蔵庫を買うべし!
しょうがないじゃないか、必要なんだから!!

といことで三台目の冷蔵庫購入決定。
「日本酒用冷蔵庫」と打ち込んでGoogleくんにお訊ね。
紆余曲折ありまして、選び出されたのは


レマコム三温度帯冷凍ストッカー RRS-100NF


本当に趣味で日本酒を集めている方は全面ガラスのショーケースを
購入されているらしいけれど、悪党秋川はただ保存できればいいのだ。
見てくれが洗濯機見たいだろうが、外から酒が見えなかろうが構わない。
値段だってこれが一番安いし(税別19800円也)、一升瓶入れ放題。
何よりこの冷蔵庫、三温度帯と書かれているとおり
冷蔵、チルド、冷凍庫と切り替えが出来る。
例の居酒屋話が無事に完結し、大量の酒ストックが全部はけたとしても
冷凍庫として使うことが可能なのだ。

これはもう「買い」よね!とばかり
楽天さんでぽちっとな、として一週間で到着。
無事に我が家の台所の片隅に鎮座ましましている。
食器棚の前で大変邪魔くさいがこの御仁、キャスター付き。
食器棚の下の段から物を出したければ
「じゃまだおりゃー」とばかり動かせばいいだけのこと。
我が家の酒問題が一気に片付いたので私は満足至極であーる。

にしても・・・電気代の請求書がちょっとこわいなあ・・・


レマコム 冷蔵庫.jpg


140706_1812~01.JPG




人気ブログランキングへ

低反発クッション(ニトリ) [家電製品そのほか]

お値段以上・・・かもしれない。

最近なんだか随分腰が痛い。
それはもう加齢と運動不足による体重増加の影響で
ストレートに言えば努力不足だとはわかっている。
運動している時間が無い、ストレスが食欲一直線だとか
言い訳ばっかりしている私が悪いに決まっている。
でも、このところの腰痛のひどさはさすがに辛い。
なんというか、立ち上がったときに
しばらく腰が伸びないような感じがするほどなのだ。
腰がおかしいよ~とうだうだ泣き言を言っていたら
タイミングよく夫からの買い物情報がきた。

「低反発クッション買ったよ」

お? それは私が最前から目をつけていた
某ホームセンターで四千円弱のあれですか?
とか思っていたら、そんなに高いもんじゃない、という。

「ニトリで780円ぐらいだったよ」

なんですと??

お値段以上ニトリ、780円でどこまで使える?
と疑いながら息せき切って駆けつけた。
広大な売り場をうろうろしまくって目当てのものを探す。
腰が居たい人にこの広さはきついなあ、と思いながらも
つい急ぎ足になってしまうところがいかにもせっかち。
で、やっとの事で見つけたクッションは確かに780円
でも・・・・これはちょっと薄すぎやしないか?
不安を感じながらきょろきょろと見回した私の目に入ったのは
さらにどーんと厚みのある低反発クッション。
お値段は1280円だが、厚みは倍以上ある。
そしてその横には同じくたっぷりした厚みの『腰あて』まで・・・

腰の痛みの原因は重すぎる体重を支える椅子が固いことと
猫背がちな姿勢で長時間パソコンを連打していることだとわかっている。
姿勢を正してキーを叩けばいいのだろうけれど
なかなかそうもいかない。
となれば不自然に曲がった腰をサポートしてくれる腰当てはかなり有効。
厚みのある低反発クッションと同じ素材の腰当て。
その両方を買ったとしても金額は3000円にも満たない。
ならば某ホームセンターのクッションのみ4000円よりも安い。
ダメ元覚悟で買ってみるか・・・

ということでさっさと支払いを済ませて帰宅。
直ちに取り付け、即試し座り。
でも、残念ながらそのときは真価は感じられなかった。
むしろクッションの厚みの分だけ座面が高くなって
テーブルの高さと合わなくなったような気がしたほどである。

けれど、その翌日、いつものようにだがだかとキーを酷使して
さて本日はこれまで・・・と立ち上がったときにはっとした。

あれ・・・腰が痛くないぞ・・・

その日私が椅子に座っていたのは朝の7時から午後12時までの五時間。
ときどき立ち上がってトイレに行ったり、お茶を入れたりはしたけれど
それはいつもと同じで、むしろ作業時間は一時間ほど長いぐらいだった。
それなのにいつも感じるあの重だるさがないのだ。
腰も足もなんともなくて、階段がほいほいと上がれた。
変わったものはクッションだけなのだから、これは確かにクッションのお手柄。

偉いぞニトリ、ありがとうニトリ!

それ以来私はけっこうご機嫌で執筆に勤しんでいる。
ただしそれで筆がさくさく進むかというとそう言うわけではない。
腰痛の有無と執筆精度はあまり関係がないらしい(とほほ)
でも、どっちにしても書けないときは書けないのだから
腰痛はないに越したことはない。

ということで、

ニトリの低反発クッション(厚いほう)1280円
低反発 腰当クッション990円

けっこうお勧めです。
そこらの長時間作業を前提としていない安物椅子が
あっという間に快適に!
高さ調節できる椅子を低めにセットできれば言うことなし。
ちなみに腰にかかる体重がさほどではない方は
薄いほうでも大丈夫・・・かもしれません。(笑)


140624_2111~02.JPG

140624_2111~01.JPG


140624_2109~01.JPG



********************************


【御礼】

『居酒屋ぼったくり』まさかの再増刷決定。
五刷 三万二千部となりました。
これもひとえに皆様のお引き立ての結果と感謝に堪えません。
正直、最早我がこととは思えず、揺り返しに怯える日々ですが
とにかく今は書くことに集中し、精進していきたい考えておりますので
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(伏礼)


*******************************



人気ブログランキングへ


血圧計 オムロン HEM-7220 [家電製品そのほか]

安定の高血圧。

しばらく前からそうじゃないかとは思っていた。
予防接種に行ったときとか
電気屋さんやホームセンターに行ったとき
お試しで測る血圧がどうにも高い。
血圧には大いに遺伝的要素があるらしいし
父親も祖父母も高血圧だったから
いずれはそうなるだろうなあ・・と覚悟はしていたが
ここにきて一気にグレーゾーン・・・
ではなくて既にレッドゾーンに突入している。

二ヶ月ぶりに受診したクリニックのマスクハンサム医師に
『血圧が高いみたいなんですけど』と呟いたら
その場で血圧手帳なるものを渡され
『血圧計お持ちですか?』と聞かれた。
『持ってません』
『では買ってください』

何でこの医者はそんなに簡単に言うのかな・・・

なんてさらに血圧が上がりそうになったが
血圧を管理するのは健康上大変重要なことで
そのためには血圧を測る必要があると言われれば
まったくもってその通り。
隣で訊いていた夫(血圧正常)は私の血圧が高いと知って
もうその足で買いに行きそうな勢いだった。
でも、その日は夫は受診後に出勤する予定になっていたし
例によって会議会議のハードスケジュールデーだったので
血圧計は週末にね!と職場に蹴り・・いえ、送り出した。

そのまま忘れ去ろうかな・・とは思ったが
我が夫がそんなことを忘れるはずもなく
いざゆかん電器屋(これが目的か?)といそいそ。
だがしかし、血圧計よりも先に大掃除用品だ!と騒ぐ私に
引きずられてやむなくホームセンターへ。

そしたらそこにちゃーんと売ってたんですね、血圧計が。
ぴんからきりまでどわーっっと!
指に巻いたり手首に巻いたりと、簡単そうな奴はたくさんあった。
でもマスクハンサム医師のご推奨は「腕に巻く奴」。
やっぱりそのほうが正確に測れるそうな・・・
そりゃそうよね・・腕に巻く立派なやつって値段だって立派だから
あれでちゃんと測れなかったら詐欺だわ。
にしたって…私の血圧のためにこの値段・・・
どれもみんな諭吉様がお出かけ価格(涙)

うーん・・どうしようと天井を仰いだ私の目に入ったのが
大特価5000円のプライスカード
しかも健康機器の優良メーカーで名高いオムロン。
大特価なのになぜか棚の一番高いところにぽつりと
ものすごく目立たないように置かれていた。
あれはもしや、誰か社員が狙っていて
あえて目立たぬようにディスプレイしたのでは?
と疑いたくなるような配置だった。
夫ですらやっと手が届くような場所から
よっこらしょ、と下ろして箱をまじまじと観察。

ふーん・・オムロン HEM-7220 ねえ。
なるほど、電池とACアダプターと両方で使えるし
二人分のメモリー機能があるし操作も簡単そう。
元値は11800円とかが5000円なら型落ちでも上等。
OK、これにしましょう! と即購入。
かくして、電器屋巡りは中止。
夫の血圧が上がったのではないかと心配しながら帰宅して
早速測ってみた彼の血圧は至って正常。
(私のほうはいうまでもなくレッドゾーン)

ということで、これからはせっせと血圧を測って
健康管理に努めたいと思う。
にしても・・つくづくあっちこっちがたが来てるなあ・・
ほんと、歳って取りたくないわ。(ため息)


125-0038.jpg




人気ブログランキングへ







家電製品そのほか ブログトップ